top of page
検索
  • 執筆者の写真新住職

「十六日講」

毎月16日朝8:30から、「十六日講」というお参りをお寺で行っています。

「16日」の「講」。

これは、親鸞聖人が亡くなった1月16日に因み、いわゆる月命日のお参りをご縁に、浄土真宗のみ教えを味わい、また、お参りされる方どうしやお寺とのつながりを深めたりするものです。


きょうは、朝からとても暑かったのですが、汗をかきながらお寺にお参りくださり、本堂で重誓偈、会館で正信偈をお勤めし、前住職の短い法話があったあと、みなさんでお茶とお菓子をいただきながら、のんびりとお話しをしました。


毎月16日、朝早いですが、必ず行っています。

よろしければ、お参りされませんか。

閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page