top of page
検索
  • 執筆者の写真新住職

あらたにご門徒さんが「門徒推進員」になられました

きょうは、たいへんよい天気で暖かい一日でした。


さて、御本山西本願寺において、12月1日から4日までの3泊4日で、「2023年度 門徒推進員中央教修」が実施されました。

お寺からはお一人のご門徒さんが、小月組(寺院の地域単位)の連続研修を終えられて受講資格を得て、この度めでたく受講されました。


門徒推進員とは、地域単位で実施される研修を通して浄土真宗のみ教え、お経や作法などの理解を深め、本願寺での研修を修了した人をいい、お寺や地域においてご門徒の推進役・相談役となるリーダーシップを発揮していただくことを期待されます。

-----------------------

ホームページ上での説明リーフレット

-----------------------


このたびのご門徒さんも、昨年からの研修に定期的に参加され、中央研修を迎えられました。また、これをご縁として、帰敬式を受式され、御本山から法名をいただきました。

きょうは、そのご報告にお参りくださいました。

中央教修での全国の方々との出会いや研修での新たな学びと発見、帰敬式の厳かな雰囲気、研修同期のかたと親しくなり別れが寂しいほどであったことなど、うれしそうにお話しくださるようす、お寺の者も聞いていてとても幸せでした。


たいへん、おめでとうございます。


お寺の山門前で記念に1枚。

閲覧数:93回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page