top of page
検索
  • 執筆者の写真新住職

おうちで、お寺で、旅先で、報恩講。

浄土真宗のみ教えにいきる私たちは、

その教えを自ら生涯を通して伝えてくださった親鸞聖人の

ご恩に感謝し、その遺徳を偲ぶ中で、

私たちの日々の暮らしをふり返り、お念仏を称えながら過ごさせていただいています。


このご縁を改めて感じる場が、「報恩講」。

今年も、各地域のご家庭のお内仏さまにお参りする御取越報恩講が始まります。

また、来年1月14日~16日はお寺で、一年間で最も大切な御正忌報恩講が執り行われます。

1月16日が親鸞聖人のご命日なので、お寺の報恩講はこの時期を設定しています。

これとは別に、仏教婦人会の主催で11月19日に報恩講も行われます。

11月28日が旧暦ではご命日となるため、この時期にさせていただいています。


東京の築地本願寺は、旧暦の11月28日をベースにして報恩講を行うようで、先日、用務で東京に行き、その足で築地本願寺にお参りしようとしたら、立て看板でご案内が出ていました。浄土真宗の大切なご縁「報恩講」。

おうちのお仏壇でも、お寺でも、旅先でも、みなさん、ぜひお参りください。

朝7時に始まる朝のお勤めの前に撮影しました(11/3)。


夜の築地本願寺も、とってもきれいです。

閲覧数:36回0件のコメント
bottom of page