top of page
検索
  • 執筆者の写真新住職

ひとりで走っているのではない

きょうは、勤め先のご縁で、下関海響マラソンのボランティアに参加しました。

今年私たちが担当していたのは33㎞地点付近。

フルマラソンを経験したことはありませんが、体も気持ちも最も苦しいあたりだそうです。

去年はスタート・ゴール地点の担当をしていたので、確かにみなさんの表情もきつそうな感じが伝わってきました。


それでも、ランナーは沿道に手を振ったり、ボランティアの私たちに「ありがとう!」といって駆け抜けて行かれました。沿道は、縁ある方もそうでないかたも、一生懸命走り抜こうとする一人ひとりのランナーに「がんばれー」「今が一番キツイところだけど、あと少しで笑顔になれるよー」と精いっぱい拍手や声援を送っていました。また、沿道で応援されている方の中には、残念ながら完走を断念してリタイアされた方も。その方も、今度は精いっぱい「がんばれー」とランナーに声を掛けていらっしゃいました。


苦しく長い道、

一人で走っているように見えますが、決して一人で走っているのではない。

一人では走れないと思っても、呼び声や多くの人から願われていることを感じ、それを力に走り抜いて行かれたランナーの姿。


・・・重なるものを感じました。






閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page