top of page
検索
  • 執筆者の写真新住職

みなさんに支えていただいての日々のお寺。

4月5日(金)。


午前中から、仏教婦人会の役員さんが、4月8日(日)午後2時からお寺で開かれる「花まつり」の準備でいらっしゃいました。

花まつりは、お釈迦さまの御誕生をお祝いする行事です。

多くの方に、よろこんでいただけるよう、役員さん方が入念に打合せや準備をしてくださっています。

当日はお世話になります。


同時に卓球教室も開かれていました。

新住職、前住職はともに、御葬儀に出ているため、お寺は仏教婦人会役員さんと卓球教室のみなさんに留守をお願いする形となりましたが、みなさんに支えていただいて守られているありがたみを感じながら、自分のこの日の務め(勤め)を果たさせていただきました。

いつも、ありがとうございます。


午後からは、竹細工でいつもご心配くださっている方がお越しになり、本堂脇通路の仕切りなどを設置してくださいました。

本堂には、備品などを置いたりする空間があり、暗くて心配でしたので、この仕切りでみなさんに意識していただけるようになりました。

わがままをいってお願いしたいものでしたが、すぐにつくってくださいました。

見た目はもちろんですが、安全面などでもたいへんありがたいものです。


仕切りを置いた通路とは反対側には、ご講師などお客僧様をお迎えする部屋があります。

その部屋にも、作っていただいた竹燈明を置かせていただきました。

すごく、いい雰囲気♪

おかげ様で、温かみのある落ち着いた感じで、お客僧さまをお迎え出来ます。


またこの日、やや専門的ですが、仏教関連書籍をいただきましたので、本堂の図書コーナーに入庫させていただきました。


たくさんの方に、さまざまな形でお寺を気にしていただき、支えていただいています。

いつもありがとうございます。


閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page