top of page
検索
  • 執筆者の写真新住職

夏の境内整備 奉仕作業が行われました

きょうは、がんがん晴れた…ということでもなかったのですが、それでも暑さの盛り!

そんななか毎年この時期にある境内整備の奉仕作業が行われました。

今年は、新型コロナ感染症第7波流行と重なり、総代さんを中心に、人数を絞っての実施となりました。


新住職は、お盆参りがあり、お参り後の参戦!その間に、子どもたちが草抜きなどで手伝ってくれました。ホームページの記録の写真も撮ってくれたのですが、ブレぶれでしたので、これは残念ながら紹介できませんでした…(代わりにあとから慌てて撮影したものを載せています)。


草刈りや草抜きなどの除草作業、枝打ちなどの剪定、またお寺隣接の竹やぶの整備で切った竹を運んでもらったり、先日の大雨でお寺の隣を流れる水路に大きな石が引っかかっているのを除いてもらったりと、人数が少ない分、総代さん方には、汗びっしょりになってたんさんのことをしていただきました。暑い中、お休みの日に、たいへんお世話になりました。


草刈りとその後の片付けのようす

境内の剪定もしていただきました

おかげさまですっかりきれいに


前日には、総代長さんがご心配くださり、水分補給のお茶やスポーツ飲料、冷菓お菓子等のご用意をしてくださいました。おかげさまで、大量の汗で失われた分、休憩時間には体に染み渡る感覚、身をもって感じさせていただきました。ありがとうございます。


みなさんで休憩のひととき


また、山門前のスロープのてすりが、自動車との接触で壊れていたのですが(山門前は進入できませんのでご注意を)、副総代長さんのご心配で、きれいに復旧することができました。これまで、どうやって修理してよいのか解決できず、ホームセンターで部品を買っては、型が合わずに断念したり…ということが重なっていました。おかげさまで5年ぶりの復旧です。ありがとうございました。


お寺は、ご門徒さんや地域のかたのお力で550年の間守られてきました。

こうした日々のお力添え、いつもたいへんありがとうございます。

おかげさまで、すっきりキレイになった状態で、お盆の大切な時期を迎えることが出来ます。


キレイになったおてらに、是非手を合わせにお参りください。

閲覧数:72回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page