top of page
検索
  • 執筆者の写真新住職

夏の奉仕作業で境内を整備していただきました

8月6日(日)午前中、総代さん、元総代さん、仏教婦人会さん、世話人さん、門徒推進員さんなど、多くの方に来ていただき、夏の奉仕作業が行われました。去年は、新型コロナウイルスの影響で、活動を縮小しての実施でしたが、今年は2年ぶりに通常の形態に戻りました。

境内では、抜いても抜いてもキリがなかった草を、みなさんの力で一気に抜いていただきました。


お寺が持っていない機械を、多くの方が持ってきてくださり、草刈りや剪定、竹やぶの整備などをしてくださいました(写真は打合せのようす)。


この日はとてもよい天気でしたが、朝から気温がぐんぐん上昇。途中、休憩を挟みながら作業をしました。総代さんがたが飲み物や氷菓、スイカなどを用意してくださり、失った水分を補給し、貯まった熱を下げることができました。ありがとうございました。


おかげ様で、思いっきりすっきりした状態でお盆をお迎えすることができそうです。

お寺(特に浄土真宗のお寺)は、ご門徒によって作られて守られてきました。多くの方に支えられてお寺が550年続いてきていることを改めて感じるご縁となりました。

ご参加いただいたみなさん、また、ご心配くださったみなさん、たいへんありがとうございました。




閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page