top of page
検索
  • 執筆者の写真新住職

御取越報恩講(各ご家庭お仏壇)にお参りしています

今年も気がつけばもう少しで12月へ。

つい最近まで半袖で、つい先日が慶讃総法要だった気がします。


さて、11月中旬から12月にかけては、暁雲寺では、各ご家庭のお仏壇で、御取越(御本山よりも一足はやめに行う)の報恩講(宗祖親鸞聖人のご法事に相当し、親鸞聖人を偲びつつ、お念仏のよろこびをあじわうご法要)を執り行います。

新住職・前住職それぞれで、各ご門徒さんやご希望のご家庭一軒一軒にお伺いし、お勤めをするとともに、各ご家庭やお寺の近況を話したりしながらご縁をいただいています。お正月の前にご家族親戚みなさんでお仏壇にお参りする機会とされるご家庭もあります。お寺の者も一軒一軒お伺いしてお会いするのがたのしみでもあります。


お寺のようす:空の色が急に冬の様子へ変わってきました。


午後からは、23日に執り行われる仏教婦人会主催の報恩講並びに追弔会の準備。

法話に代えて、今回は新住職が、写真等を使ってスライドショー形式で10月8日の慶讃総法要をふり返ります。また、お寺に残された2011年11月「親鸞聖人750回忌法要」のときの写真も併せて紹介し、今は大きく成られている当時のお稚児さんのお姿を見てご成長を喜び、また今は亡きご門徒さんを偲ぶご縁とできればと存じます。

たくさんの写真とともに、お寺の今とちょっと前をふり返りつつ、いのちのつながりのなかでの私たちの日々を見つめるひとときにしていただければ幸いです。

どうぞお参りくださいますようご案内申し上げます。



ただいま頑張ってスライド製作中。おたのしみに♪


この数日できゅうに冷えてきました。

どうぞお体を大切になさってください。

閲覧数:48回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page