top of page
検索
  • 新住職

用水路に石が!

7月上旬の長雨と豪雨によって、内日地区もお寺も、大きな影響がありました。

みなさんのまわりのようすは落ち着かれましたでしょうか。


それから一週間、お寺では1つ、気がかりなことが…。

お寺のそばには、小規模な小川があります。

豪雨のたびに溢れそうになるので、数年前に河川の改修工事をしていただき、とても安心できるようになりました。


その川の「マス」の部分に、上流から大きな石が流れてきて、マスの入口をふさいでしまいました。

2週間前の最初の豪雨のときに、流れてきた物だと考えられます。

最初に見つけたときには、石が流路をふさいでいるので、川がバァ~っと弾けるように水をまき散らしていました。


新住職はなんとかのけてみようとしましたが、限界が…。

この石が手前のマス入口を塞いでしまっていました。


それを気にしてくださった総代さんが、きょう、地区の作業の帰りに、お寺によってくださり、マスに詰まっていた石を外して、抱え上げてくださいました。

一人ではどうしようもなかった石ころも、みなさんの力でなんとか川から移動させることができ、水路も元に戻りました。

お休みの、しかもお忙しいなか、そして暑い中にもかかわらず、ご心配くださり、ありがとうございました。

閲覧数:52回0件のコメント

最新記事

すべて表示
記事: Blog2 Post
bottom of page