top of page
検索
  • 執筆者の写真新住職

第17世住職を偲ぶ机(その2)

なかなかホームページが更新できず、申し訳ありません>_<。


さて、先日、地域の家具を作る職人さんから、オリジナルの机を製作していただき、納入していただきました。

これは、第17世住職であった黙然師が華道御門流の師範で、大正時代に製作した「御門流百瓶集」という本とその版木がお寺に残っていたので、気軽に見ていただけるように作っていただいたものです。2年前にも作っていただいたのですが、改めて大きな物を作成していただきました。

今とは違い、木の木版を削って墨(?)で印刷するようで、出版のご苦労がうかがえます。

会館の和室にありますので、どうぞお参りのときにご覧ください。


先日京都国立博物館で開催されていた「親鸞展」の記念冊子も、この机の上に置かせていただいています。どうぞごゆっくりご覧いただければと思います。



閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page