top of page
検索
  • 執筆者の写真新住職

降誕会に向けてお花を生けていただきました

5月21日(土)は、浄土真宗を開かれた親鸞聖人のご誕生849年をお祝いする「宗祖降誕会」が執り行われます。来年はいよいよ850年の大法要があり、そのご案内も予定しております。お休みの日の午後2時から。ぜひ、お参りいただければと思います。

きょうは、新住職は外で勤めに出ていましたが、生け花サークルのみなさんが素敵な御荘厳のお花を生けてくださいました。鮮やかな初夏の感じ?がして、キレイです。親鸞聖人の御前もステキに生けていただきました。いつも、ありがとうございます。

とてもひらたく言えば、親鸞さまのお誕生日。

親鸞さまが、激動の時代にお生まれになり、たいへんなご苦労のなかを、お念仏の喜びのなかで生き抜かれていったそのお姿こそが、今の浄土真宗を大切にする人たちの支えになっています。「宗祖降誕会」は、この「ご出世のご恩」を大切にする法要です。

わたり廊下(お客僧玄関)のお花


降誕会では、新住職もご法話を担当させていただきます。

いま、法話用のお話を組み立てて、モニターに示すスライドを作成中。

お祝いをご縁とした大切な一日にしたいと思います。


さまざまな方による企画および準備、ありがとうございます。

そして、当日のお参りを心よりお待ち申し上げます。


閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page