top of page
検索
  • 執筆者の写真新住職

霧→晴れ→お墓参り日和

きょうのお寺は、まずは土曜日礼拝。

毎週お勤めするお経も導師役も違います。

きょうは、新住職が導師でしたので、子どもたちが少しでも慣れるように、仏説阿弥陀経をお参りしました。新住職もとくに最初の頃は、阿弥陀経は後半部のスピードアップする部分で、目と口がついて行けず、苦労しました。今でも気合いが入ります。子どもたちは付いてこれたでしょうか…。お経は、もともとはインドのお釈迦様が弟子達に説いたお話し(語録)。それが中国経由で日本に来たために漢文形式になったものです。間違っても気にしないで、まずは親しんでいただけることが大切。何かのご縁で、「あぁ、こういう意味なんだ」と味わっていただくと、喜びも深まります。その味わいをお伝えするのも住職の務めですね。


さて、きょうは、年末の週末ということで、多くの方がお寺の墓地や合同墓にお墓参りに来られました。午前中は、最近見ないくらいの濃い霧が立ちこめ、幻想的な風景になっていました。霧が日光を遮っている間は、なかなか気温が上がらないようで、お墓参りのかたと、「まだ寒いですねー」と。その分、あまりに濃くてキレイでしたので写真に撮りました。





午後からは霧も晴れ、いい天気。


夕方には、きのうご紹介させていただいた「竹イルミネーション」製作者のかたが様子を見に来られました。お参りの方が興味津々にご覧になるなど、お寺の年末年始に彩りを添えてくださり、ありがとうございます。


きょうも追加製作をしてくださるということで竹をお持ち帰りされました…。

スミマセン!


昼間は控えめ(でもない?)にしていますが、夜になると異彩を放ちます!

年末年始は、お参りの方をお迎えするため、午後5時から10時まで点灯しています。

お正月は午前2時まで点灯しています。

きょうもこれから点灯します。

どうぞお参りされ、光でお出迎えしてくれる作品をご覧ください!

ありがとうございます。



閲覧数:51回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page